ワーキングマザー初心者の産後一年

2010.08.28 Sat

出産予定日1カ月前まで仕事、産後4か月で復帰しました。そろそろ復帰8か月ですね


復帰からは、予想していたとはいえ結構怒涛の日々(−−;
自分で決めたことと言えど・・。


?子供の度重なる病気

?それによる罪悪感

?転機になる仕事をゲット、新規クライアントも増える

?頸椎椎間板ヘルニアになる

? ?に伴い子供を連れて電車バス通勤通園に切り替える(片道1時間)

?あろうことか子供から病気をもらう

?落ち着いたと思ったらまた病気

?最低でも2日に1回の通院のため転機になった仕事を手放す

?新たに転機になる仕事をもぎ取る、新規クライアントも増える、クライアントに朗報がくる

?病児保育室にはじめて行く


**************************

??について

保育園ではすぐに病気になると聞いていましたが、その勢いときたらものすごいものです。冬に入園したためその勢いはさらに増します。完全に想像を絶します。はじめの3カ月間、軽く月の半分は仕事ができませんでした。低月齢の乳児のため大人だったら大したことないことでもすぐに重篤な状態になるということで入院するかどうかということになったり。

こんなに早く預けたからではないか・・と自分を責め続け罪悪感を感じる日々。
しかし保育園はその周辺環境柄生後2カ月3カ月で入園するのは当たり前のところ。同じ境遇の他の保護者の方々と励ましあって乗り切りました。



?について

CDAとして転機になる仕事をいただき直接のクライアントも増えました。それもつかの間、子供が病気ラッシュでずいぶん周囲に迷惑をかけた感じになって・・。延長保育を申請している日に限って病気になる。。子供のせいではなく自分のせいだと落ち込みました。「子供がまた病気で」と謝ってばかりの日々にいろいろと思う日々。。子供は悪くないのにね。



?について

生活が激変し大きめの子供を抱え仕事に行く日々と、もともとの姿勢の悪さがたたったのか頸椎椎間板ヘルニアになる!神経に刺さる痛みはものすごかったけれど、薬で抑えられる程度の軽度だったため良かったです。。


?について

仕事場へ行くとき時間が正確に読めるように通勤を電車とバスに切り替える。片道一時間を子供と二人で通うのです。毎日10キロのお米を担いで電車バスに乗っているようなもんだと想像してください。でもこの通勤スタイル、体力的にはキツいですが案外良いこともあり。

・子供とのふれあい
・世間の優しさとのふれあい

車であっさり通勤していたら気づかない素敵なことを電車バス通勤では教えてくれました。


?について

保育園で子供がもらってきたウイルスに私が感染(たまたま抗体を持っていなかったという・・)し3週間のドクターストップがかかったり。安静を命じられましたが・・既存クライアントさんとはメールでのやり取りを続けました。ご飯を食べた後に絶対安静という奇妙な生活を続けました。病気が重なり授乳してあげたいときにできず申し訳ない気持ちにもなりました。


??について

?のお仕事中に保育園から電話が!耳だれが出ているとのこと。鼓膜が破れていたわけです。急性中耳炎→滲出性中耳炎のためここから仕事後に最低でも2日に1回の通院生活が始まりました。?の現場が保育園&病院から遠かったため、このお仕事は泣く泣く中断。


?について

新たな現場での仕事をゲット。保育園から近く、1からの立ち上げのような感じもありでやりがいを感じています。さらに新規の直接クライアントも増え、既存クライアントからは朗報がきました。

?について

病児保育室も争奪戦だったりします。入れることもあれば入れないこともある。ヒヤヒヤものです。病児保育に預けてまで・・とささやくもう一人の自分とも戦い・・(^^;


なんというか、悔しい気持ちと嬉しい気持ちが同時にドドーっと押し寄せる感じでしょうか。


仕事で子供を言い訳にしたくない!

でも、子供を仕事の犠牲にしたくない!



いろんな気持ちを抱えて産後1年が経っていきました。

子供はすくすくと育っています。
支えてくださった皆さんに感謝です。


まだまだ引き続き頑張ります。



追:

そういえば、こんなこともありました。

冬のある日。突然声がかすれにかすれ、思うように出ない!数時間後にはクライアントとの面談が入っているという状況。かかりつけの耳鼻咽喉科に行き「4時間後に声を出せるようにしてください」と懇願。なんと、見事に声が出ました。ビックリ・・。ありがとうございました。





  1. 2010/08/28(土) 16:49:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やっと〜

2010.08.28 Sat

やっとホームページ更新できました(^^;;

突然転送できなくなり・・なぜ?なぜ?と調べようやく先ほど更新できることが確認できました。良かった・・。

「CDA取得後」



このブログにたどり着いてくださった方の検索ワードの中にこういったものがありました。

CDA関連多いですねぇ。


私のCDA取得後は・・・



2ヶ月後に創業してましたね。




創業は何年も前から・・というかうっすらと学生時代から考えてたので、自分としては長い道のりでしたが(^^;

資格取得後2カ月でってのには「え?!」って言われたりします。


いや・・早くスタートラインに立ちたかっただけなのですよ。
(もちろん何がスタートラインかは人それぞれです!)


そんな感じでしょうか。



さぁ、やること山積みなので次のブログ下書きして(UPできたら早めにしたい)地味な作業に入ります。
  1. 2010/08/28(土) 15:38:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夏季休業のお知らせ

2010.08.08 Sun

お知らせです。

※ホームページの更新がうまくいかずblogでのアップとなりました。

2010年8月11〜18日および25日は夏季休業と致します。この間のレスポンスは遅くなりますが、ご了承くださいませ。

焼けるような暑さが続きますね、皆さまご自愛ください。


  1. 2010/08/08(日) 23:03:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロフィール

コンフィアンサ

Author:コンフィアンサ
キャリアカウンセリング・コンフィアンサ代表
CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)

1998年関西大学社会学部3年次編入学、2000年卒業。
新卒で信販会社に入社。支店では唯一の営業ウーマンであり、当時は主に地元企業の新規開拓や休眠取引先の復活業務、既存取引先のフォロー業務に従事。自分の親世代以上の年齢の方々との商談を重ねる中で、「ビジネスは対等だ」と感じ働くことのおもしろさを実感。その後退職し、国立大学大学院理系研究室に非常勤職員として勤務。さまざまな国の方との交流や学生との交流を経験し、多様な価値観にふれる。同時にフリーターや理系学生の就職相談、大学編入生の生活相談にのり始める。

2005年10月〜2007年3月までコーチングを学ぶ。

2007年9月CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)ライセンス取得。

2007年11月キャリアカウンセリング・コンフィアンサ創業。

現在は、主にアルバイト経験のみの若者や理系学生、編入学生の就職相談・キャリア形成および自律サポートを行ってる。また、さまざまな年代に向けて「傾聴」を知ってもらうべく「聴き方とかかわりの学習会・ゆたんぽ」を定期開催。

・・・ちなみに昔は・・・

とてもおとなしく(今から見ると想像はつきません)

一風変わっていて(これは今でも・・)

人の輪の中にも入っていくのが億劫だった(これも今から見ると想像はつきません)

そんな子供でした(^^;

Powered by SEO Stats

絶対押すなよ!やんちゃ爆弾

最近のエントリー

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約