違和感

2010.01.29 Fri

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ ←当社HPよりリンク">オールアバウトプロファイルにキャリアカウンセリングの専門家として掲載されています当社HPよりリンク

ちょっと感じたことを、ひとつ。

よく、ビジネス関連で「成功するための〇〇」とうたった講演会や書籍がありますが、少し違和感を感じます。

成功するため?

結果的な成功ならわかりますが、成功するのが一番の目的になってるような感じを受けてしまいます。

誰かのためじゃなく完全自分のためというか。

もちろん、受講者や読者という受け手側の想い(誰かのために〜したい、社会に貢献したい)が実るようにという内容なのでしょうが。

でも、タイトルに成功成功って入ると勘違いして、第一の目的が自分のためなの??と素朴に思ってしまうのでした。

タイトル変えたほうがいいんじゃないかなぁ。

なんのためかは、それぞれなんでしょうけどね。
  1. 2010/01/29(金) 11:57:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ワーキングマザー初心者の気づき

2010.01.27 Wed

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ ←当社HPよりリンク">オールアバウトプロファイルにキャリアカウンセリングの専門家として掲載されています当社HPよりリンク

母になって5カ月、ワーキングマザーになって1カ月がたとうとしています


さて。


待機児童が多く保育園になかなか入れないというニュースをよく目にします。うちは運よくギリギリ入園できましたが、今ではもう次の園児募集はかからないほど満杯です


これを見ると、女性の社会進出といってもそれを阻むものがたくさんあることを思い知らされますせっかく自分が社会進出・復帰できる状態でも、仕事以外の面でのハードルがあり進出や復帰自体を断念される方も多いのではないでしょうか?


また保育園に入れたとしても、残業と延長保育の時間帯のことや、子供が病気になって至急迎えにいかないといけないけど仕事が・・といったことなど、懸案事項は山積み



そうなるとなんとなく職場の空気も気になるし、スケジュールも大きく変わりますし、もちろん子供も気になります


非常に悩ましいところです。



そしてつい先週、ついに子供の病気で急なお迎えに上がらなくてはいけなくなりました。これがうわさに聞いていた急なお迎えかぁ、と

決まっていた仕事のスケジュールはガラッと変わりましたが、一緒に仕事をする方々は気持ちよく送り出してくださいました。


そこで痛感したのですが・・


育児を最優先に仕事に就けるのは、仕事関係の方々の理解があってこそ。そして、仕事に専念できるのは保育園のおかげということ。


まさに、コミュニケーションがワーキングマザーの「両立」という側面を支えているんだと。



今、職場の空気に負けそうな人、育児との両立なんて無理だと思っている人。


この日々のコミュニケーションが、あなたの味方をしてくれるときが必ず来ます


いろんな気づきがあり、母にしてくれた娘に感謝する日々です
  1. 2010/01/27(水) 14:46:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

占いとカウンセリング?

2010.01.09 Sat

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ ←当社HPよりリンク">オールアバウトプロファイルにキャリアカウンセリングの専門家として掲載されています当社HPよりリンク

今日は、復帰初日です。


以前、相談に乗った方から感謝のメールをいただいてました。カウンセリングの結果、大きな気付きがあり、これが原動力になって次に進めたと。本当にありがたいことです


自営するからには、少しでも儲けがないといけないわけで、私たち個人事業主でキャリア支援に携わっている人にとっての越えなければならない壁なんです・・安定的経営のもと安定的に支援できることを今年も目指しています。


そう言えば・・


銀座の母の鑑定料が4200円だって昨日テレビでやってましたこれって行く人にとっては高くないと思います(有名ってのもあるのだとは思いますが)。完全に「当たる、当たらない」の世界。ビシバシ言う。これに4200円を投じる、でも惜しくない。占いにほとんど興味ない私すら銀座の母の愛のある鑑定を受けてみたいと思うくらいです。


一方で、キャリアカウンセリングは50分5250円とかが多くて現実・事実に添ってクライアント自身が気づいて自力で前に進むために、クライアント自身の気持ちをじっくり「聴いて」、時には指導もいれつつ支援するんです当たるとか当たらないとかとは無縁の世界。人によっては支援を受ける前に額面だけ見て「高い」と言います。無料で相談に乗っているところもあるからだと思いますが。お金をいただきますし、単に画一的サービスではなくその人個人個人に添った支援まで可能です。お金を払うのは当たり前でしょと言って普通に払ってくれる方も当然いらっしゃいますが、まだまだ比べれば少数


キャリアカウンセリングはあまり知られていないからお金を投じる人も少ないという感じもあるでしょうし、広く知らせるためにコラムを書いたり公開Q&Aで質問に答えたりしてます。



果たして実を結ぶのかは、誰にもわかりません。


でも、知らないものにお金は出せないでしょ?




今年も変わらずよろしくお願いします!!

  1. 2010/01/09(土) 18:12:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

あけましておめでとうございます

2010.01.01 Fri

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ ←当社HPよりリンク">オールアバウトプロファイルにキャリアカウンセリングの専門家として掲載されています当社HPよりリンク


あけましておめでとうございます

昨年は半分産育休でお休みをいただいておりましたが今月から復帰いたします。


休みの間にFor meからFor youへより意識がシフトした気がします。

大きな気付きです。


自社のテーマである「自立のための自律」を肝に命じて2010年は9日より営業再開です。


本年もどうぞよろしくお願いいたします
  1. 2010/01/01(金) 22:34:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロフィール

コンフィアンサ

Author:コンフィアンサ
キャリアカウンセリング・コンフィアンサ代表
CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)

1998年関西大学社会学部3年次編入学、2000年卒業。
新卒で信販会社に入社。支店では唯一の営業ウーマンであり、当時は主に地元企業の新規開拓や休眠取引先の復活業務、既存取引先のフォロー業務に従事。自分の親世代以上の年齢の方々との商談を重ねる中で、「ビジネスは対等だ」と感じ働くことのおもしろさを実感。その後退職し、国立大学大学院理系研究室に非常勤職員として勤務。さまざまな国の方との交流や学生との交流を経験し、多様な価値観にふれる。同時にフリーターや理系学生の就職相談、大学編入生の生活相談にのり始める。

2005年10月〜2007年3月までコーチングを学ぶ。

2007年9月CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)ライセンス取得。

2007年11月キャリアカウンセリング・コンフィアンサ創業。

現在は、主にアルバイト経験のみの若者や理系学生、編入学生の就職相談・キャリア形成および自律サポートを行ってる。また、さまざまな年代に向けて「傾聴」を知ってもらうべく「聴き方とかかわりの学習会・ゆたんぽ」を定期開催。

・・・ちなみに昔は・・・

とてもおとなしく(今から見ると想像はつきません)

一風変わっていて(これは今でも・・)

人の輪の中にも入っていくのが億劫だった(これも今から見ると想像はつきません)

そんな子供でした(^^;

Powered by SEO Stats

絶対押すなよ!やんちゃ爆弾

最近のエントリー

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約