理系の就職活動と研究活動

2008.04.21 Mon

実験、論文執筆、学会発表・・・そして就活


そんな生活をしていて、就職活動メインの生活を送りにくい理系



企業への就職希望の院生(マスターコース)の相談をよく受けてます。



一番思うのは・・・


時間管理が大切だな・・ということ




より限られた時間の中で、自分について考え、その上で自己表現方法を身につけないといけないし


時間がなかなかとれないという人や、セミナーに参加していない時間に何をしていいか分からないという人は、時間管理をしながら常に「自分に関心」を向け続けてください



それだけで、自己分析の一部になります。


意識するだけで、いろんな気づきはあるはず
さぁがんばって。
  1. 2008/04/21(月) 00:39:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

キャリアカウンセラーのとある一日

2008.04.18 Fri

とある一日。


合同企業説明会のサービスの一環として、「キャリアカウンセリングコーナー」を設けている場合があります



そこに、キャリアカウンセラーとして出席することがあるんです




数名のキャリアカウンセラーがいくつかのブースに分かれて着席。
そこに整理券を持った相談者の皆さんが目の前に現れます。


自己紹介をして、カウンセリングスタート。



だいたい私が参加するのは1相談につきだいたい20分くらい。

この20分(実際は長引くことも多々あり)ほんとあっと言う間ですだいたいは1時間前後で行うことが多いんで、20分ってのはホント短い。。


話から始まることもあれば、いきなり応募書類を見てほしいという切り口で来られる方もいらっしゃいます。いろんな相談の仕方があるにせよ、お話を聴いていていつも感じることは、みんな人生についてすごく考えているんだということ。こういった場で初めて「キャリアカウンセラー」という仕事があると知る方も多かったり。いろんな発見もあります




「聴いて!」以外にも、「教えて!」「解決して!」という方も多いかな
はじめはそうでも自分の人生を自分で決定して歩いて行く重要性を学んで帰ったりする姿を見ると、やっててよかったなぁと感じます



はじめは沈んだ顔をしていても、帰る頃には笑顔になっているとやっぱりうれしい



こういった経験は、「相談者が自分の人生を自分で考える場」の提供をするキャリアカウンセラーにとっては、とても勉強になります。もっと、こういう場増やしたいなぁ





::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

キャリアカウンセリング・コンフィアンサでは個人のキャリア形成支援と聴き上手になりたいあなたの学びの場の提供を行っています
  1. 2008/04/18(金) 13:19:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一年生が目指すところ

2008.04.18 Fri

個人事業を始めて、いろんな「初めて」を経験しています

完全に一年生です。でも、結構真剣な一年生だったりします



開業届を書いて出したり

青色申告とかしたり

簿記ってものをやってみたり

経営理念を持ってみたり

テーマや目標を考えたり

お招きいただきワークショップをやってみたり

自分で企画してワークショップやってたり

ネットで会場を予約したり

窓口まで行って会場を手配したり

お客様アンケートをとってみたり

どのあたりで利益が出るのか考えてみたり

調達コストを抑えたいと思ったり

なるべく自転車で移動したり

なかなか結果が出なくて悩んだり

ご依頼いただいてコラムを書いたり

リンクしていただいたり、したり

打ち合わせしてみたり

チラシ作ったり

チラシの訴求ポイントを変えてみたり

どうやったらもっといろんな人に知ってもらえるのかを考えたり

どうやったら「聴くことの大切さ」を広められるかを考えたり

どうやったらうまく伝えられるか考えたり

HP作成ソフトと格闘したり

営むことと現場で仕事をすることのはざまに立ってみたり



まだまだ書ききれない「初めて」があります

でもこれも「一番やらなければいけないこと」のためには必要なことです


やらないといけないことは、「聴き方を伝授する」ことでこころの距離を縮めることができると伝えることと「聴く」ことで自立のために自律できる人を増やすこと


それができたら、最高
  1. 2008/04/18(金) 00:33:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

志望動機が書けません!!

2008.04.17 Thu

キャリアカウンセリング・コンフィアンサは応募書類の添削も行っていますし、学生さん向けの就職イベント(合同企業説明会的な)にキャリアカウンセラーとして参加することがあります



そこでよく聞くのは・・・




志望動機がうまく書けない



私も学生時代に悩んだところではあります





なんで書けないのでしょう??

ちょっと考えてみてください。





正直、この会社じゃないとダメだ!と思ってないから?
とにかく数打ち当たってるから?


興味がないから?






いろんな理由があるとしても、結局は自分の興味関心がその会社に向いていないからかもしれません


その会社に興味・関心を向けられるとしたら、それはどんなところ?


まったく興味がなくて受けるわけではないと思います。

なので、ちょっと時間とって考えてみるのも悪くないんじゃないでしょうか?


同業他社と比べてどんな違いがあるの?
何を扱ってる会社なの?
その会社は社会でどんな役割を担っているの?


いろんな切り口があるはず。

雰囲気を知りたいなら、会社の周りを歩いてみてもいいし。




興味・関心がわけば、志望理由を書く材料はいくらでも湧いてくるはず


まずは、自分がどこに興味関心を持っているのか?を考えてみてください



そして、大事なのは「自分にとって志望した動機がどんな意味を持つのか?」ではないでしょうか??



やっぱり、最終的には自分に関心を向けないとね
  1. 2008/04/17(木) 12:44:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

☆聴くこと?傾聴?ワークショップ?☆

2008.04.09 Wed

キャリアカウンセリング・コンフィアンサでは聴き方ワークショップを開催しています



敢えてワークショップとしているのは、参加者の方が学ぶ場に参加して、体験して、体感することを大切にしているから



セミナーでもいいのですが、この「聴き方(傾聴)」ってなかなか頭で考えるだけではできないのです・・

参加体験することで「何を聴いているのか?」を感じておかないとついつい「聴けてるつもり」になってしまいます



話の内容だけを聴いていませんか?

話の内容だけに反応して、自分が訊きたいことだけ訊いていませんか?



さぁ、「聴く」って何でしょう??


聞くことも訊くことも必要だけど、聴けたらもっとハッピー
聴けたら、大切な人とのココロの距離は縮まるはず


そう思ったらぜひ「聴くこと」を体感していただきたいなと思います

  1. 2008/04/09(水) 21:18:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
次のページ

プロフィール

コンフィアンサ

Author:コンフィアンサ
キャリアカウンセリング・コンフィアンサ代表
CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)

1998年関西大学社会学部3年次編入学、2000年卒業。
新卒で信販会社に入社。支店では唯一の営業ウーマンであり、当時は主に地元企業の新規開拓や休眠取引先の復活業務、既存取引先のフォロー業務に従事。自分の親世代以上の年齢の方々との商談を重ねる中で、「ビジネスは対等だ」と感じ働くことのおもしろさを実感。その後退職し、国立大学大学院理系研究室に非常勤職員として勤務。さまざまな国の方との交流や学生との交流を経験し、多様な価値観にふれる。同時にフリーターや理系学生の就職相談、大学編入生の生活相談にのり始める。

2005年10月〜2007年3月までコーチングを学ぶ。

2007年9月CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)ライセンス取得。

2007年11月キャリアカウンセリング・コンフィアンサ創業。

現在は、主にアルバイト経験のみの若者や理系学生、編入学生の就職相談・キャリア形成および自律サポートを行ってる。また、さまざまな年代に向けて「傾聴」を知ってもらうべく「聴き方とかかわりの学習会・ゆたんぽ」を定期開催。

・・・ちなみに昔は・・・

とてもおとなしく(今から見ると想像はつきません)

一風変わっていて(これは今でも・・)

人の輪の中にも入っていくのが億劫だった(これも今から見ると想像はつきません)

そんな子供でした(^^;

Powered by SEO Stats

絶対押すなよ!やんちゃ爆弾

最近のエントリー

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約